初期費用が安く設定されている

賃貸物件を借りる際にかかる初期費用

賃貸物件を契約する際にかかる初期費用として、敷金や礼金、仲介手数料などが挙げられます。敷金は物件を退去する際にかかる原状回復費用にあてられるものであり、礼金はオーナーに対して支払うお礼のお金です。仲介手数料はその物件の契約をとりまとめた不動産会社に対して支払われます。この他にも家賃1ヶ月分程度を前もって支払うなど、賃貸の契約時には何かとお金がかかりがちです。こうした初期費用の金額は、物件によって大きく異なっています。近年は礼金なしの物件も増加しており、契約時の負担が少ないとして人気です。引越し時には色々とお金が必要となることも多いため、初期費用が安めの賃貸物件は、借り主にとってメリットが大きいといえます。

初期費用の相場をチェック

一般的な賃貸物件では、初期費用としてどの程度の金額が必要となるのでしょうか。敷金や礼金、仲介手数料はそれぞれ家賃の0.5ヶ月分から2ヶ月分ほどかかるのが一般的です。その他に火災保険料や鍵交換費用といったお金も必要となるでしょう。トータルで家賃の4~5ヶ月分ほどかかると見ておくと、安心かもしれません。礼金なしの物件を選べば、家賃1~2ヶ月分ほど初期費用を節約できます。また仲介手数料や鍵交換費用を貸主側が負担してくれる場合、さらに経済的な負担を小さくすることができるでしょう。さらに安く抑えたいのなら、フリーレント物件を借りるという手もあります。一定期間賃料が無料となるフリーレント物件なら、前家賃の負担を大きく下げることができるでしょう。